7月28日(日) 13:30~14:50

モノの見えに影響を与える照明と現在の主流光源LEDの基礎

岩井 彌 先生(パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社 ライティング事業部 エンジニアリングセンター)

我々が色を見るためには,見る対象となるモノがなければならないのはもちろんのこと,その物を照らす照明と色を知覚するための機能を有する視覚の3つの要素が必要となる.
従って,色の知覚にはモノや視覚の特性だけでなく,照明の特性も重要な影響を与える.
本講演では,照明の特性に焦点を当て、今日の主流光源となっているLED(発光ダイオード:Light Emitting Diode)の発光原理や特徴を,従来光源である白熱電球,蛍光ランプと比較して解説すると共に,照明の特性を表す測定量のうち,照明計画の実務で実際に使われている測光量,色温度,演色評価数を解説する.
そして,それらの測定量の違いでモノの見え方が変わることを,実際に照明をデモして体感していただく予定でいる.

講師略歴

1991年千葉大学大学院工学研究科画像工学専攻修士課程修了.
同年,松下電工株式会社(現,パナソニック株式会社)に入社.
現在,パナソニック株式会社ライティング事業部エンジニアリングセンターにて照明ソフトの技術開発に従事.

日本照明学会,日本照明委員会,日本色彩学会,日本建築学会,日本電気設備学会,
日本視覚学会各会員.日本色彩学会理事.

著書に「カラーコーディネーター検定試験2級公式テキスト」東京商工会議所,
「昼光照明デザインガイド」技報堂出版(いずれも共著)など.

大会事務局

埼玉歯科技工士専門学校 担当:中山
〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮1-12-35
TEL 048-685-5211  FAX 048-685-5239