7月28日(日) 11:00~12:30

モノリシックジルコニアの活用と色調再現

白石 大典 先生(有限会社 湘南セラミック)

近年、歯科医療のデジタル化に伴い、口腔内スキャナーの普及や歯科技工のCAD/CAM化が進み、臨床で多く応用されるようになってきました。
口腔内スキャナーデータから行う技工作業にはCAD/CAMシステムの使用が必須となります。
CAD/CAMシステムの機能を最も活かすことができる補綴物はフレームにレイヤリングするタイプのものでなく、歯冠形態を直接作製するモノリシック(単体)構造の補綴物だと言えます。
モノリシック材料の中でもジルコニアは強度があり、生体親和性が高く、歯冠色に近く、透光性があるので歯冠修復材料として最も適していると感じています。

物性や生体親和性に優れるモノリシックジルコニアは材料の開発が進み、透過性、強度、色調等、様々種類が存在します。
その中には、ガラスセラミックに近い高い透過度を持つものもや、近年では、色調や透過度、強度の違う材料を多層構造にした、マルチレイヤーと呼ばれる材料(ディスク)も多く普及してきました。
モノリシックジルコニア材料を使い、色調再現を行う場合、材料に何が使われているかを知り、その特徴を理解しておく必要があります。
また、強度と透過度は反比例するので、補綴部位や製作物の種類によって材料の特性を活かす選択が重要となります。

モノリシックジルコニアの色調再現には3つの要素があります。

  • ジルコニア材料(ディスク)の選択、(色調、透過度、マルチレイヤー)
  • 浸透カラーリング(カラーリング液の選択、塗り方、浸透度)
  • 表面ステイン&グレーズ(ステイン材グレーズ材の選択、焼成温度)

これら、3つの要素をそれぞれコントロールすることにより、色調再現を行っています。
進化し続けるモノリシックジルコニア材料は今後、確実に補綴材料の主流になると感じられます。

今回は、色調再現に必要なジルコニアディスク(TOSO社製)の原材料(グレード)の特徴を理解したディスク選びについて、私の選択基準を紹介します。
また、浸透カラーリング液の使用例や表面ステインについて現在臨床で行っている手法を紹介します。

日本の歯科補綴物の中には海外に比べ、インレーが多いと感じられます。
オーストラアリアではインレーはほとんど行われないという情報もあります。
一方、日本では二ケイ酸リチウム系材料を使ったインレーが数多く作製されています。
しかし、3年後くらいから破折するケースが多くなるとの報告があります。
2ケイ酸リチウム系材料は硬いが靱性が少なく、表面のグレーズ材が剥がれ落ちる傾向があります。
そこで、モノリシックジルコニア製のインレーが注目されています。
モノリシックジルコニア製インレーは物性的に優れていますが、加工や接着が難しいという欠点があります。
この二つの欠点を補う手法も紹介いたします。

【所属】

有限会社湘南セラミック 代表取締役
日本臨床歯科補綴学会 理事
日本口腔インプラント学会 会員
スタディーグループWクリック 会長

【略歴】

1979年 日本大学歯学部附属歯科技工士学校卒業
1988年 湘南セラミック開設
1994年 ITIインプラント上部構造インストラクター
同  年 CM社デンタルアタッチメントインストラクター
同  年 Technical Contest YOKOHAMA’94  永 六輔 賞受賞
1999年 ITIインプラント上部構造認定ラボ
2006年 ゼノテックCADセンター
2008年 プロセラスキャニングセンター
2009年 KIS-Systemサージカルガイドセンター

【出版物・共同執筆】

1994年 歯科技工
第9号 焼付用白金加金の物性を良く理解する
第10号 個性的な色調再現のための築盛
第11号 個性的な表面性状の表現を考える
1997年 歯科技工 Home Page-What’s cool site?!
1998年 QDT デジタル・コミュニケーション
2000年 インプラントジャーナル
適合の良い補綴物を制作するために「Passive fitをめざして」
2001年 歯科技工
メタルの熟知により進化する歯科技工用レーザー溶接と拡大する臨床応用
2002年 QDT 別冊 インプラント上部構造の現在 Part3
2004年 歯科技工 別冊 クリニカル・クラスプデンチャー
2009年 補綴臨床 別冊 臨床機能咬合学 Functional Occlusion
2009年 日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学
プレスセラミックを応用したセラミックワーク
2015年 歯科技工 YSDC研修会で学んだこと
2016年 歯科技工
第5回 当社におけるCADソフトの変遷
第6回 シェード再現のためのジルコニアディスクとカラーリキッドの選択
2017年 東日本整形災害外科学会雑誌
成人ばね指に対する装具を用いた保存療法について
2017年 日本歯技 デジタル技工の奨め
2018年 歯科技工 別冊 モノリシックジルコニアの今

大会事務局

埼玉歯科技工士専門学校 担当:中山
〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮1-12-35
TEL 048-685-5211  FAX 048-685-5239